26. [マクロ]ボタンが表示された。
    以後、このボタンでマクロを
    表示できる。
25. [ユーザー設定]が表示されたら
    [コマンド]-[ツール]をクリックすると
    [マクロ]があるので、ドラッグして
    コマンドラインへ移動する。
    [閉じる]で戻る。
24. メニューバーに[マクロ]をボタンを
   常時出して置く方法

   [表示]をクリックすると、項目が
   表示されるので、その中の[ツーバー]
   にカーソルを置くと、次の項目が
   表示される。
   そこの[ユーザー設定]をクリックする。
8. [マクロの設定]で
  [すべてのマクロを有効にする。]に
  チェックを付ける。
  [VBAプロジェクトオブジェクト]の
  前にもチェックを付ける。
  [OK]をクリックして戻ると、
  マクロがすべて有効になります。
9.[開発]をクリックすると、
  [Visual Basic] 、[マクロ] と
  [マクロ記録] が表示される。
22. マクロコードの Sub の前に
   カーソルを置いてキーボードの
   F8 を押せばワンステップ実行、
   F5 を押せば End Sub まで実行
   される。
23. シート見出しが表示された状態。
   
15. [詳細設定]の[シート見出しを表
    示する]の前にチェックを入れる
    [OK]をクリックする。
14.Excelの[オプション]をクリックする。
20. マクロ一覧からマクロを選択して
    [編集]をクリックすると
   マクロコードが表示される。
  
18. [ツール]をクリックして開いた中の
    [マクロ]をクリックすると
   マクロ一覧が表示される。
  
17. Visual Vasicが表示されても
    マクロはまだ表示されない。
  
11. [マクロ名]が表示されます。
   自動で数値が入りますが、自分で
   判別できるように、カナ、漢字に
   変更する事も出来ます。
   別に変更しなくてもよい。
   [OK ]をクリックする。
   記録する動作を実行します。
 
次にマクロを有効にする必要があります。

7. [マクロのセキュリティ]をクリックする。

  
5.[リボンをカスタマイズします]が表示
  される。
  [開発]の前にチェックを入れて
  OK を押す。
1.エクセルのVBAを表示するには
  @の位置に
[開発]を表示する必要があります。

2.[開発]を表示するには、Aの [ファイル]を
  クリックして[メニュー]を表示させます。

                                                           
           
※ コードの解説
  False は、何かを [しない] と言うこと。
  True は、何かを [する] と言うこと。
  シート見出しを表示したり、非表示にしたりするコードとして、保存しておけば便利である。

  
21. 表示されたコードは、
    上がシート見出しを[非表示]にする。
    下がシート見出しを[表示]する。

    このように、簡単な動作はマクロ
    記録で書く方が簡単に作成できます。
    その文章を見ながら、文法を覚えて
    ゆくのも一つの方法です。
   
    
19. マクロ一覧が表示された。
13. マクロ記録を続けましょう。
   矢印の [ファイル] をクリックする。

  
  
  
10.マクロの仕組みを見るために、
   一度 [マクロ記録]をクリックします。
16. [記録終了]を押す。
    [Visual Vasic]をクリックして
   VBAを表示する。
  
12. [マクロの記録]が[記録終了]に
   変わります。
    [記録終了]を押すまでマクロ
   記録されます。
 
6.戻ってみると[開発]が表示された。
  
4.[リボンのユーザー設定]を
  クリックする。
3.[メニュー]の[オプション]をクリックして
   [Excelのオプション]を表示する。                        
                 
  
                                                   Exce2016の場合l
  





                                                         

                                        
















                                                          


           
                                   
                                                               
                                                                  
                                                              
                                                          
















                                                               
                                                                  
                                                                  
                                                                
















                                                           
                                                           
                                                           
                                                        
                                                           

      

                              
                               
                                
                                   
                                
                                         
                                                               
                                                     
 
まず最初に、マクロを使う準備をしましょう。
[開発]、[マクロの有効]、[マクロ記録]
 
実際に使っているシステムの内容で解説
EXCEL VBA 講座